義務

突然ですが、
「恋する」
「愛する」
「恋愛する」
って
いったい何だろう?
どこかで聞いたことの受け売りによると、
「恋」とは、独りよがりで、見返りを求めている状態。

「愛」とは見返りを求めないこと。

「恋愛」とはその両方を合わせ持ちながらも、お互いに気持が通じ合っている状態。

そして、その過程を経て、「一緒に居たい」と思うようになり、

「結婚」をするのであろう。
さて、世の中の夫婦の何組が、本当の意味でこの過程を踏んだのであろうか?

もしかしたら、踏んでいないのかもしれないし、

「結婚」をした瞬間からその過程の逆を、どちらかが辿って行っているのではないだろうか?
これはあくまでも、私の想像にすぎない。
1度世の中の夫婦に聞いてみたい。

今現在、パートナーに見返りを求めていますか?

もしそうならば、それは「愛」でも「恋」でもなく、

「義務」なのではないだろうか?

私は決して「義務」にはなりたくないと思う一人である。

ただの理想論なのだろうか?

私が甘すぎるのだろうか?

NGだろうなぁ…
会社のそばに公園があるんですけど…
6年以上前の夏の暑い日の夕方、休憩がてら仕事が終わってからジュースを飲みながらその公園でタバコを吸っていました…
そしたら、なんか突然若い男に、何をしているんですか?と話し掛けられたんですよ…
休憩しているだけですけどと答えるとなぜか不審そうな顔…

タクシーに乗る場所ありますか?と聞かれて携帯で色々調べて教えてあげたら、信用したのが馬鹿だったとかブツブツ言いながら帰って行きました…
何だか少々気持ち悪かったんで…

あとで、公園の名前を検索するとハッテン場と出てきましたね…
ハッテン場ってゲイのひとが、お相手を探す場所らしいですけどね…
自分は知らなかったんですが「ケンカップル」 って表現があるらしい。常日頃からケンカばかりしているカップル、お互いに罵詈雑言を浴びせ合い嫌っているように見えるカップル、あるいはそうした傾向を持つ キャラクター 同士の組み合わせ、カップリング をあらわす言葉。

率直に言っちゃうと喧嘩はしないにこしたことはありません。
でも本音をぶつけ合うことは必要。

特に付き合い初めの時は舞い上がっていて相手の悪い面なんて全然見ようとしないですしお互い嫌われない、もしくは好かれるようにネコ被っている事が多く素養なんてわかりゃしない、これ当然。

ケンカって大抵言い合いから始まり売り言葉に買い言葉で収拾つかなくなるパターンが多い。慣れた頃、お互い安全圏に入ってからか段々自己の欲求をぶつけ合うようになりケンカが始まる。

恋愛関係は、ずっと順風満帆に行くときばかりではありません。
いつかぶつかることが来たときに、どう乗り越えるかが大切。

喧嘩をわざわざする必要はないけどそうなったとき、どうやってそれを解決するか方法を理解していれば絆は一層強くなる。

それに結婚してからのケンカって案外タチ悪い。下手すると別居やら離婚に発展するし…

付き合ってるうちに膿を出しきっておくのもゴールイン後の生活の為にも良いのではと考えます。

でも自分からすると「ケンカできるだけうらやましい」ってのが本音かな。本当に言い合える人欲しいな~(^^;

なんか、お相手を探す目じるしが野球帽をかぶっていることだったんですけど…
その後、その公園では野球帽はかぶらないようにしてます。(汗)
でも、愛する人には自己犠牲をしてでも「愛」を注ぎ続けたい。